da da da ☆ DJM
ロングコートチワワの賑やか3兄弟☆ダーク&ジェット&マットとの楽しい日常♪
≪07月   2017年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
ダークの悪性腫瘍


だっくんへのエールをくれたお友達のみんな

本当にありがとうございます!!

皆さんに心配をおかけすると思い

ブログに書く事を悩んだのですが・・・




もしも、ダークと同じ様に病気が突然にやってきた方が居たとして

どんな情報でも見てみたいと思うし、検索すると思います

まだウチはスタートに立った状態です

これからどんな経過を辿るかはまだ全然わかりません

でも私とダークが少しでも伝える事が出来るのであれば

私が綴れる範囲ですが(書く事が出来ない事もあるかも)この事を綴っていこうと

今の私は思ったからです







文章能力があまりナイので伝わりにくかったらスイマセン

相当長くなりますが始まりから書きますね 






時はさかのぼり1ヶ月ちょっと前

9月24日の夜の事

いつも通りに夜ご飯を食べてから、ダークの苦手な歯磨きをしていた時

image2_20151030140709056.jpg

ダークがもっとも嫌がる左奥歯の内側が

黒くて硬くなっていたのにびっくりしてすぐ病院に翌日の予約を入れました


診察で、先生は黒く硬くなっている部分は心配ナイですとの事で

ほっとしたのですが

先生は黒い部分の上のポツンとした水ぶくれのようなモノが気になると

「様子を見て、また1ヵ月後に見せてください」と

この日はこれで帰宅



経過を観察するぐらいで大事でなくって良かった~~と

安心したこの時




ダークは歯周病気味で歯磨きが痛いのか歯ブラシ使うのを最近は嫌がっていたので

食後はご飯のカスが溜まりやすい前歯歯茎と奥歯を水を注入して流してました



でも、これだけじゃ歯石もつくし

歯ブラシorガーゼでちょっとはキレイにしないとね! と

嫌がる奥歯は触らずに手前ばかり磨いてたけど

この日はシッカリ磨こうと思い




10月5日奥歯付近を磨こうとしたその時

何か当たる??

ぐりっと唇をめくると、こんなに大きな出来物が

image1_20151030140709917.jpg

これを見た瞬間に手が震えました

何コレ!!?  いつの間にこんなに大きくなってたの??気づかなかった事に深く後悔

慌ててまた病院に電話して予約をとり翌日病院へ




診察の結果

大きくなった腫瘍部分を取りましょうって事で

日帰り手術で取って頂く事になりました


血液検査とレントゲンで術前検査もクリアしたので


一番早い病院の手術の出来る日を予約(この日は10/6 手術は10/9を予約)



手術当日まで心配と不安な2日間

image3_20151030140711200.jpg

10月7日

もうたった2日で以前より大きくなってます



手術当日(9日)には5日時点の状態から

腫瘍は倍近く大きくなっていました

image4_20151030162258949.jpg

左ほっぺが少し膨らんでるだっくん

10月9日

日帰り手術で無事に大きくなった腫瘍も取り除き

腫瘍部分に接触している奥歯も抜歯



切除した腫瘍部分は病理検査に出して検査の結果待ちになりました




2日間はエリカラで傷口をこすらないように

縫合した糸は溶ける糸なのでそのままです




ダークの術後の経過と病理検査の結果を聞きに

10月19日病院へ

お口の状態を見てもらい先生の「キレイになってますね」の一言に安堵した瞬間



先生が

「残念なんですけど病理検査の結果が良いものではなかったんです」・・・・と




先生から詳細を伺うと

非上皮性悪性腫瘍  組織像から悪性メラノーマの可能性が高い

が、ダークの組織像上メラノーマの断定がハッキリするものでなく

免疫染色を実施し再度詳しく検査をしたのですがメラノーマだと追求する事が

出来ませんでした

ですが先生によると悪性メラノーマと考えてほぼ間違いはなさそうです

悪性度は高く、再発転移に関する経過観察が必要な未分化腫瘍と言う結果になりました




この結果を受けて 先生から今後の治療方針へのお話です


   ① 経過観察していく

   ② 拡大切除(上顎切除)を行う

   ③ 分子標的薬を服用してみる


①~③のどれを選択していくか? という事です




先生とお話をして(先生が考える今の状態からの一番良い方法)

②の拡大手術にはまだ前回の手術から時間も浅く 取り切る箇所もまだ今では不明部分もあるので再発時まで待つ

③の分子標的薬を服用し①の経過観察

が、ダークにとって望ましいのではという事に

   分子標的薬は肺への転移、進行を抑える為のお薬です



この日から未分化腫瘍に特化した分子標的薬を飲んで経過を観察していきました

   分子標的薬は2日に1回(副作用は嘔吐に下痢)

   副作用を抑える為にお薬に合った胃腸薬は1日2回





ダークの場合、切除した腫瘍部分も進行スピードが速かった事もあり

2週間分お薬を頂いたけれど、10日後に受診予約です



幸い、ダークにはこのお薬が合ったようで

副作用もなくいつも通りキレイな排泄です^^ 



10日後の受診でも十分早いなと

思っていたのに




たった4日後の10月23日に同じ箇所に再発部分を発見・・・・ショックというより失望




翌日の24日に病院へ

先生も「再発」ですねとの結果


上記②の上顎拡大切除手術を検討するために

ダークの上顎骨部分の浸潤具合等の詳しい検査が必要なので

有無も言えない状況

CT.MRI を撮りに大阪の病院の予約を。。。


急いで頂いて翌日に予約が取れたので




10月25日

ダークのCT&MRI検査をして頂きました


診察室に入り麻酔から目が覚めたダークを抱き

先生のお話を聞きました



ダークの発症箇所は左上部奥

上部に加え 奥に発症する場合が一番厄介だそうです 

何故なら、悪い部分が表面化せず奥の方にかけて広がってゆくからです



ダークの悪い部分は左頬の奥にとても大きく腫瘍化していて

眼底の薄い骨まで溶かしている状態でした





外科手術でこの部分を切除する事は極めて困難

切除する場合、腫瘍の周りの組織も余分に切除しないといけない

ダークにはその余分が無いのです



先生は詳しくわかり易いように所見を伝えてくださり

かかりつけ医師とよく相談してくださいねとの事でした





   そんなに悪い部分がダークの中で広がっているなんて

   ダークの顔をみたら何も変わらず普通なのに

   もう悲しくて悔しくて・・・・・これからどうなってくのかの不安で押しつぶされそうになりました
 


でもまだ救いだったのが、メラノーマの肺への転移は見られませんでした

  あぁ・・良かった・・・・





10月27日 

CT、MRIのデータを持ってかかりつけの病院へ

先生に見て頂きました



先生は拡大手術となるとダークの場合完全に取りきろうと考えると

眼にも浸潤している可能性を入れると眼も取りきらないといけない状態になるので

完全に取りきるのは難しい状況ですと




では、他に出来る治療は?


抗がん剤治療は口腔内癌には効果があまりない



放射線治療は悪性メラノーマには効果がみれる可能性がある (効果が出ない場合もあります)

  ただ、先生はダークくんの気になる所は未分化腫瘍だから・・・と
  
  もしかしたら効果が出ないかもしれないと。(メラノーマでももちろん効果が出ない子もいます。絶対ではないので)





色々先生とお話してダークのこれからをどうするか絞られました



    ① 拡大手術  上顎(骨にも浸潤しているので)と見えてる部分の腫瘍を安全に取りきれる範囲

       そして、分子標的薬を続けて飲んで経過観察


    ② 放射線治療をして(週1回を4回1セット 途中でやめるのはダメ) 分子標的薬を続けて飲んで経過観察



この日はその場で答えを出す事が出来なかったので

ダークと帰宅



家に帰り考えました




拡大手術をしても取れるだけの腫瘍部分で顎まで切除しても

悪い部分は残ってるので、またすぐに再発する可能性がある    顎切除でダークも相当痛みを伴う



放射線治療は効果が出るか出ないかわからないので賭け的な状態    そして麻酔のリスクと体力低下がある


  でも・・・・賭けかもしれないけれど
   
  放射線だと効果が出る可能性が確率的にある!!

  放射線で効果が出た場合には

  腫瘍も小さくなるかもしれないしその後の進行も抑える事が出来る可能性があるかもっ



放射線治療の方がダークにとっての負担も少ないし(麻酔以外の) 術後の痛い思いをせずに済むので

私はイチかバチか放射線治療を受けてみる事を選びました





10月29日

病院へ

先生とまた聞きたい事のお話をして(温熱寮法や免疫療法とか・・色々)

そして、放射線治療を出来る病院へ通うお願いしてきました





明日、また病院へ行って放射線治療前の血液検査をしてきます







この1ヶ月ちょっとでこんな大きな事が起こってしまうとは

私自身、ダーク自身考えもしなかった事です

正直、まだ受け止めきれていません 闘病に対しての勉強もこれからです



ダークは何度も血液抜いて

麻酔もして手術も検査も受けてくれました

頑張ってくれているダークの為に

愛する私の坊やの笑顔を、嬉しい姿をまだまだ見たいから

どうか放射線治療に効果がありますように!!




お口の中を素直に見せてくれるダークだから

手の尽くしようのない本当に最悪な状態になってから気づくという状態を

防げたと思います。ありがとダーク




いつも見ているつもりだけれど

ダークもJ様もマッチも今まで以上に

頭の先から爪の先まで見ていかなきゃと思います




相当長いのに最後まで読んでくれてありがとうございます


スポンサーサイト
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .