da da da ☆ DJM
ロングコートチワワの賑やか3兄弟☆ダーク&ジェット&マットとの楽しい日常♪
≪05月   2017年06月   07月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
だっくんの事 ③
だっくんのメラノーマの経過の続きです


きゃふさん達と9/10~11浜名湖でゆっくり過ごしました

傷口を舐めてはいけないのでランとご飯以外はエリカラで過ごしてもらっているだっくん

エリカラが手放せなくなりました



9/12 

通院です

この日もインタードック&ルペオール投与です

3日前に抜糸が済んだばかりだというのに

下からムクムクと盛り上がりだしてくるメラノーマ;;

恐ろしいスピードです


この日はルペオールを少しだけ局所に直接注射して頂きました





9/14 

大阪府立大学から電話があり「リンパ球培養できたので来て下さい」との事だったので


翌日

9/15

大阪府立大学りんくうキャンパスへ


ダークのリンパ球はある程度は増えてくれたらしく

血液検査後、ダークの体に戻せれる状態だったので

点滴でゆっくりとダークの体に増えたリンパ球を入れていただきました!



image18_20161009115955a8f.jpg

30~40分です

先生が「ダークちゃんは大人しいからお母さんが点滴付き添ってくれますか?」って事だったので

ダークの点滴の間は私が見守りましたよ




本来のサイクルならこの日に次の培養の為に採血して血液を採るのですが

まだ肝臓の数値もカンペキに下がっている状態ではなかったので


増えたリンパ球を戻してダークの血液がいい状態になってから採血したいという事で


この日から1週間後、再びコチラで採血の予約をとり帰りました




9/16

通院です (週2回ペースでかかりつけ病院なので忙しい


インタードック&ルペオールの投与です



ダークの足の転移腫瘍は自壊が序々に進んできていました

大きめの絆創膏を貼っていたけど分泌液が増えてきていたので

ガーゼで覆い紙テープで貼り付けていたんです





ですが、お腹の転移箇所のボコボコしてる部分に付いたテープを剥がそうとした時

我慢強いダークが相当な悲鳴をあげた

テープが使えなさそうなので先生に相談したら

「ズボンはないんですか?」 と


ホンマや!!その手があるやん!!って


この日からつなぎの洋服にガーゼをホッチキスで止めて

ダークに着せる事にしました


image21_20161009122636590.jpg



自壊が進むにつれて少し臭いも出てくるようになってきました




9/20 

通院です

この日はダークを病院でシャンプーお願いしました

お迎え時にインタードック&ルペオールの投与です




9/23

大阪府立大学へダークの血液採取に午前中に行き

その足でかかりつけ病院へ


この日は肺のレントゲンと

インタードック&ルペオールの投与です




肺のレントゲンの結果

肺への転移箇所の広がりはそこまで広がっていなく、前と殆ど変わらない状態でした!


この肺の状態を見て先生から

一つ提案を頂きました



「肺の転移が進行していないので

以前、服薬していた分子標的薬を再開しませんか?」 と


分子標的薬の副作用で肝臓の数値が上がってしまったので

以前どおりの頻度の服薬でなく(前は2日に1回)

今回は間隔を空けて(3日に1回)の服薬です




ダークの自壊部分も進んでいってる結果から

インタードックとルペオールはこの日で終了する事にしました





この頃からご飯を食べた後にダークが震えるようになってて

痛みがあるのか? 先生にお伺いしたんですが

やはり少し痛みが出てきてそうだと・・・・少し様子を見てくださいって事でした





9/26

通院です

この日は先生と色んな相談です




自壊している部分がどんどん広がってきているし、臭いも出るし、分泌液も多くなってきたので

どうにか、この自壊している部分を少しでもカサカサにしてあげたいと相談




乳腺腫瘍の自壊している箇所に緩和治療として施術するMohsペーストの説明を聞きました


ダークはメラノーマの腫瘍だから効果があるかどうかは(どれだけ持つか)

施術してみないと解らない せっかくしても1,2日で剥がれる可能性も否めないと伺いましたが



ジュクジュクなのが何とも可哀想なので

Mohsペーストをダークにして頂く事にしました




早い方が良いので翌日に予約



9/27


Mohsペーストの施術で

お昼にダークを病院へ預けて

仕事終わりにお迎えに行きました



この日から分子標的薬も再開です
   (肝臓のお薬と抗腫瘍効果もある胃薬も継続)



Mohsペーストの施術のおかげで

この日の夜、ダークは久しぶりにガーゼ洋服ナシでエリカラだけで寝ることが出来ました!




ずっとご飯も私の手からでやっとのやっとで食べていたのに

自分で食べてくれるようになって

すごく嬉しかったです!



でも、私の考えが少し甘すぎたようで・・・・



翌日

ダークはエリカラの上からでもペロペロしてて

エリカラをバスバスとペーストをした所に当ててしまって

ペーストが早くも剥がれかけ始めてしまいました・・・   だっくんごめんね



9/30  お腹のボコボコ部分も少し自壊し始めてきました



自壊部分が進んできているのですが

Mohsペーストのおかげで臭いは全然しなくなり

それは良い事だったと思いました












長くなりましたので続きは次回で





スポンサーサイト
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .